琉球三菱自動車販売株式会社新車・中古車・車検・修理、三菱車のことならなんでもおまかせ!

BLOG

2018年11月30日
軽自動車『eKスペース』が平成30年度自動車アセスメント(「JNCAP」)の予防安全性能評価において最高評価「ASV+++」を獲得
三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』が、日本における自動車の安全性能を試験・評価する平成30年度自動車アセスメント(以下、「JNCAP*1」)の予防安全性能評価において、最高評価「ASV+++(エーエスブイ トリプルプラス)*2」を獲得したことを発表しました。
 
『eKスペース』は、歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストを全車に標準装備しており、さらにカスタムグレードには車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを標準装備しています。また、Safety Package付きのグレードには、後方情報も確認するマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備しており、安全な運転をサポートします。
 
平成30年度「JNCAP*1」予防安全性能評価では、従来の「被害軽減ブレーキ(対車両)」、「被害軽減ブレーキ(対歩行者)」、「車線逸脱抑制」、「後方視界情報*3」の4項目に加え、「高機能前照灯」、「踏み間違い加速抑制」、「被害軽減ブレーキ(対歩行者夜間街灯あり)」の計7項目による試験が行われました。当社の最新予防安全技術を搭載した『eKスペース』は、「被害軽減ブレーキ(対車両)」、「後方視界情報*3」の2項目で満点を獲得しています。
 
また、コンパクトミニバンの『デリカD:2』も「JNCAP*1」の予防安全性能評価において最高評価「ASV+++」を獲得しました。
 
三菱自動車は、ドライバーに安心して運転を楽しんでいただけるよう、危険な場面では被害を回避し、万一の際も被害を軽減してくれる新しい予防安全技術の開発を継続し、採用を広げていきます。
 

 
<『eKスペース』試験結果>
衝突被害軽減抑制制御装置試験
対車両
32.0点中32.0点
(満点)
対歩行者 昼間
25.0点中24.9点
 
対歩行者 夜間 街灯あり
40.0点中19.3点
 
車線逸脱抑制装置等試験
16.0点中8.0点
 
後方視界情報提供装置性能試験*3
6.0点中6.0点
(満点)
高機能前照灯装置確認方法
5.0点中1.4点
 
ペダル踏み間違い時加速抑制装置性能試験
2.0点中1.6点
 
♦合計
126.0点中93.2点
 
 
*1…国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称。
*2…先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)の略称。
*3…ディーラーオプションのオリジナル(ハイスペック)ワイド2DIN-7型メモリーナビゲーション搭載時。
 
『eKスペース』の車種サイトはこちら:
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_space/index.html
 
『eKスペースカスタム』の車種サイトはこちら:
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_space_custom/index.html
 
 

一覧に戻る